薬剤師が転職する場合に

抑えておきたいコツ

薬剤師が転職する場合に抑えておきたいコツ

好条件と隠れた条件

薬剤師の求人で好条件になっているかどうか、必要となってくる情報はいくらでもあります。あまりに条件がいいと思ったら、勤務地が地方になっているのは珍しくなくなりました。地方では薬剤師の絶対数が不足しており、驚くほどの好条件を提示してくることがあるからです。

逆に、このような条件を生かして必要なところに移るというのもひとつの考え方になってくるでしょう。スキルアップができることもありますし、それだけ自分を鍛え上げられるような環境が待っていることもあります。勤務条件が厳しいことも時給につながってくるため、条件の確認は細かくおこなうべきでしょう。

好条件だからこそ、気になるところはどんどんと聞いてしまうことが必要です。チェックし忘れてあとで後悔しても、これは後の祭りになってしまうでしょう。実際に確認しなければいけないことは多岐にわたります。表に出ていなくても、残業の有無や服薬指導といったことは重要な意味を持ってくるでしょう。

さらに薬剤師としての業務以外に関わる部分の比重も確認するべきです。ドラッグストアなどでは、大事なポイントになってきます。転勤といったこともありますし、事務の兼任といった条件が付くこともあるので、十分な確認が必要となるでしょう。